History

慶應義塾体育会ホッケー部の歴史は日本ホッケーの歴史でもある。

1906年11月、東京・麻布アンドレー協会のウィリアム・グレー牧師が、当時の義塾教員、小倉和市氏を通して紹介したのが、日本ホッケーの始まりである。

1906年11月中旬、慶應義塾講堂に多数の有志が集まり、グレー氏によるホッケーの説明を聞いたうえ、小倉氏を始めとして創立委員会を開催。

さっそく部員を募集したところ、三百人を超える応募者があった。

用具はスティック30本、ボール3個がすでに慶應には確保されていた。

これは1899年頃、慶應義塾教授イギリス人クラーク氏がクリケットやラグビーフットボールなどとともにホッケーを紹介した折り、購入したものだった。

1919年2月、念願の慶應義塾体育会に入部。慶應義塾の進取の精神が、日本に新たなスポーツを誕生させたと言える。

1906年 アイルランド人牧師 ウィリアム・トーマス・グレー氏により慶應義塾にホッケーを紹介

1906年 1123日慶應義塾ホッケークラブ創立

1907年 1周年記念行事を行い、ユニフォームを紺地に白線に改める

     日本初試合(横浜YC&AC

1919年 慶應義塾体育会入部

1924年 第1回早慶定期戦

1925年 武蔵新田グランド開設

     部歌発表

1932年 上海遠征

1934年 上海遠征

1936年 台湾遠征

1937年 全日本選手権(以降4連覇)

1939年 日吉新グランド完成

1946年 関東学生春季リーグ戦優勝

1947年 関東学生春季リーグ戦優勝

     日吉グランド整備再開(この時桜が植えられる)

1949年 関東学生秋季リーグ戦優勝

1952年 関東学生秋季リーグ戦優勝

1953年 関東学生秋季リーグ戦優勝

1960年 慶應義塾志木高等学校ホッケー部創立

1961年 第1回香港遠征

1963年 グレー師米寿・金婚式を祝し「グレーカップ」を贈呈、レプリカを全日本選手権優勝杯として寄贈

     関東学生春季リーグ戦優勝

1965年 第2回香港遠征

1966年 創立60周年、旧クラブハウス落成

1968年 関東学生秋季リーグ戦優勝

     グレー師死去(1968.12.6

1971年 秋季関東学生リーグ優勝

1973年 第3回香港遠征

1975年 第4回香港遠征

1979年 第5回香港遠征

1981年 創立75周年

     ジョン・ジェームソン社から「アイルランド・日本友好グレー記念銀杯」を受け、慶應義塾は「全日本男子選手権優勝記念杯」として寄贈

1983年 第6回香港遠征

1987年 第7回香港遠征

1990年 慶應義塾大学女子ホッケー部創立

1991年 第8回香港遠征

1992年 創立85周年記念、人工芝ピッチ完成

1993年 女子部ニューヨーク遠征

1995年 マレーシア遠征

1999年 オーストラリア合宿(大学男女、高校)

2001年 女子部香港遠征

2003年 キッズホッケーを開始

     第9回香港遠征

2005年 創立100周年記念アイルランド・イギリス遠征。グレー夫妻墓参・記念碑設置

2006年 創立100周年記念式典。新合同クラブハウス(下田学生寮)落成

2008年 女子部第2回香港遠征

2009 男子部第10回香港遠征

2011 男子部秋季関東学生リーグ優勝

2012 女子部第3回香港遠征

2013 男子部第11回香港遠征

2016 女子部第4回香港遠征

2017年 男子部第12回香港遠征