創部110周年記念フェスタ

慶應義塾體育會ホッケー部創部110周年記念フェスタが、2016717日(日)12時半より下田ホッケーグランドにおいて、高校生からシニアまで世代を超えて200人近くのメンバーが集まり、行われました。

開会式の後、澄み渡る青空の下、我が部の主将とキーパーの音頭により、皆で元気よく体操が行われました。

その後のミニゲーム大会では、4色のチームに分かれ、OBの方々や高校生と共に戦い、共に汗を流しました。

 

点が入ったり、パスがつながったり、良いプレーがあると、チーム関係なく大変盛り上がり、応援にも力が入ります。ホッケーのプレーを通して大変楽しみながら交流することができました。

また、サブグラウンドではニアピン大会が行われました。

的に向かってボールを打ち、その正確さを競い合うシンプルなルールでしたが、1位を狙うため皆さん真剣な表情で取り組んでいました。

ニアピン大会の表彰では優勝者に賞品が渡されました。

 

そしてミニゲーム大会の結果も発表され、互いの健闘をたたえ合いました。

 

 

 

普段中々お会いすることのできないOBOGの方々と交流することができ、激励していただいたことで、チーム一同勝利への想いがさらに熱くなりました。日頃から沢山の方々に支えていただいているということを肌で感じ、必ずこの感謝の想いを日本一という結果でお返ししたいと思います。

 

 

(文責 ホッケー部男子部主務 川端真里奈、稲増野乃、久慈彩加)